アフィリエイトはドメイン名の選び方が重要

ブログの始め方

アフィリエイトはドメイン名の選び方が重要

この記事は約 7 分で読めます。

ユウキです。

レンタルサーバーをどこにするか決めたら、次はドメイン名をどうするか決めなければいけませんね。

ドメイン名はブログの屋号みたいなものですし、迷ってしまう方は多いと思います。

ブログ運営を進めていく途中で、「やっぱ別のドメイン名にしておけばよかった!」と後悔したことは個人的にありますが、

あなたにはできる限りそうなって欲しくないので、失敗しないためのポイントからドメイン名の決め方について解説していきます。

前回はWordPressでブログを始めるために必要なレンタルサーバーの選び方について解説しましたので、検討されている方はこちらも参考にどうぞ。

ドメイン名で失敗しないためのポイント

はじめにドメインとは何かを簡単に説明すると、例えるならドメインが建物のようなもので、レンタルサーバーはドメインを建てる住所のようなものです。

URLの「https://○○/」の○○にあたる部分をドメインと呼び、このブログであれば「blog-de-affili.com」の部分ですね。

ドメイン名を決める際に、ブログの検索順位に関係あるかどうかは気になりませんか?

気になりますよね。検索順位について考える場合、SEO について考える必要があります。

SEO に関連した一次情報は、Google のウェブマスター(WEB担当者)であるジョン・ミューラー(John Mueller)氏の発言を理解していけば大丈夫です。

ジョン・ミューラー氏は、SEO においてドメイン名は検索順位に直接関係ないと公式に言及されているそうです。

ですが、まったく関係がないとも言い切れません。以下、3つの原則を覚えておいてください。

  • Googleがページを検出できるよう手助けする
  • Googleがページを理解できるよう手助けする
  • 訪問者がページを利用しやすいよう手助けする

引用元:ウェブマスター向けガイドライン(品質に関するガイドライン)より

Googleのウェブマスター向けガイドラインを拡大解釈すると、ドメイン名の配慮は「訪問者がページを利用しやすいよう手助けする」手段であり、「Googleがページを検出できるよう手助けする」ことへ間接的に繋がると考えられるので、適当に決めてはいけないと言えます。

では、原則を踏まえてどんなポイントを意識して決めていくか、見ていきましょう。

理由がなければ基本的に「.com」にする

ドメイン名を決める際に、トップレベルドメインについて決める必要があります。

「.com」「.net」「.org」などがメジャーなトップレベルドメインとして認知されていますが、なぜ、この部分を「.com」にすべきか疑問ですよね?

海外ドメインやマイナーなドメインは不利

ジョン・ミューラー氏は、ドメイン名は検索順位に直接関係ないと言及していますが、実際には不利に働いたケースもあるようです。

以下はGoogleウェブマスターズの公式YouTubeチャンネルで公開されている動画の抜粋です。

“as memorable .COM domains become more expensive, more developers are choosing alternate new domains like .IO and .IM, which Google geotargets to small areas. Do you discourage this activity?”

「”.com”ドメインが高価になるにつれて、多くの開発者が”.io”と”.im”のような代替えの新しいドメインを選んでいます。Googleはどちらのドメインも小さな領域にジオターゲット(=地域を絞ること)します。Googleは代替えドメインの選択を推奨しませんか?」

引用元:GoogleWebmastersに寄せられたユーザーの質問より

Googleのガイドラインにもあったように、Googleはユーザーの利便性や体験を高めようとしているため、あまり使われていないトップレベルドメインを選んでしまうと、検索順位で不利になるかもしれません。

マーケットシェアを優先

上記で説明したことを踏まえると、メジャーなドメインを選んだ方が初心者にとって無難と言えます。

現時点でもっとも利用されているドメインは「.com」で、ドメインのマーケットシェアを公開しているDomainStateの調べでは71.82%でした。凄いシェアですね。(2020年2月9日時点)

▼クリックでポップアップ▼

ドメインのマーケットシェアの円グラフ

過去の運用歴に注意する

「新規でドメインを取得するのに、なんで過去の運用歴が大事なの?」

と、疑問に思うかもしれませんね、ですが大事なポイントなので必ず確認しましょう。

新規ドメインは必ずしも新しいわけではありません。

あなたが利用する以前に、別の誰かが利用していたけど、何かの事情で契約を解除したため、新規ドメインで取得できるという場合があります。

過去に利用されていたことについて、なぜ気にしなければいけないのか?

過去に運用歴のあったドメインを選ぶと思わぬデメリットがあるかもしれません。

デメリットとは、そのドメインで過去に運用したブログがブラックハットSEOなどの理由でペナルティを受けていた場合、あなたがどれだけ頑張って記事投稿しても検索順位が上がらないといったことが起きます。

SEO 情報に精通した鈴木謙一さんのブログでも以下のように配信されています。

ドメインの“リセットボタン”というものはないんだ。Google には内部的にそういったものは存在しない。

引用元:海外SEO情報ブログより ジョン・ミューラー氏の言及を抜粋

知らなかったでは済まない問題ですし、何より辛いですよね。

このデメリットを解決する方法は、契約したいドメイン名の過去の履歴を確認することです。

WayBackMachine というサイトで確認できて、画像のように履歴が何も表示されなければ大丈夫です。

もし、あなたが中古ドメインの購入を検討しているなら、過去の運用が思わぬデメリットを引き起こしたり、

そもそも取得しようとしているドメイン名があなたのブログ運営コンセプトに合っていない場合はおすすめしません。

賛否はあると思いますが、Google が推奨していない方法で検索上位表示を狙っていくのは、

ブログを長期的な資産として育てる意図に沿いませんからね。

中古ドメインについては「僕ならやらない」の一言です。

引用元:Web 担当者 Forum より Google 金谷 武明氏のツイートを抜粋

ドメイン名の決め方

ドメイン名は、以下の3つをポイントにしてブログのテーマに合わせると、一貫性のある伝わりやすい印象になります。

  • どのようにマネタイズするか
  • ブログのユーザーは誰か
  • ブログの発信テーマ

それでは見ていきましょう。

どのようにマネタイズするかで決める

ブログでマネタイズする方向性は主に以下の3つとなりますが、それぞれの発信内容とリンクさせると伝わりやすくなりますね。

  • トレンドブログ:主にアドセンス
  • 特化型ブログ:主に物販
  • 長期資産型ブログ:上記の組み合わせ+α

簡単に説明していくと、例えばトレンドブログなら芸能や時事ネタなどを扱うと思います。

「trend-news」や「trend-press」のような名前はユーザーがイメージしやすいですよね。

ちなみにドメインはローマ字表記なので、Google翻訳を利用すると便利ですよ。

特化型ブログであれば、特定の商品やサービスを扱うので、ヘアケア商品に関連した発信なら「haircare」や、脱毛サービス関連の発信なら「hige-datsumou」といった感じです。

長期資産型ブログの場合は、あなたのライフメディア(=自分の世界観を表現したブログ)となるため、

自分自身を前面に出したい場合はあなたの名前を使ったり、活動自体を前面に出したいならキャッチコピーを付けるといいです。

ブログのユーザーは誰かで決める

あなたのブログを見てくれるユーザーはどんな人かで決めます。

プラスで加える感じで、例えば主婦向けであれば「shuf」とか、男性向けであれば「mens」といった感じです。

絞り込むほどにアクセスの見込みは少なくなりますが、代わりにより具体的なニーズを持ったユーザーが見てくれるようになるかもしれません。

とはいえ、ドメイン名で検索順位が劇的に変わるわけではないので、あまり気にしなくて大丈夫ですよ。愛着が持てればいいと思います。

ブログの発信テーマで決める

あなたのブログで発信するテーマやジャンルに沿って決めるのもいいと思います。

例えばトレンドブログでスポーツジャンルを選んだとすれば、「soccer」とか「football」といった感じですね。

特化型ブログで、脱毛関連情報をまとめるなら「mens-hair-removal」とか、自然派スキンケア情報をまとめるなら「organic-care」のように検討します。

このブログであれば、ブログアフィリエイトで資産構築するための情報発信が大きなテーマなので、「blog-de-affili」と名付けています。

まとめ

いかがでしたか?

今回はブログのドメイン名を決める際の注意点と、具体的な決め方についてお伝えしました。

あなたがこれから時間をかけて育てていくブログなわけなので、愛着の持てるドメイン名がいいと思います。

ですが、「ブログは誰のために存在すべきか」を忘れてしまうと結果的にあなたの利益にも繋がりません。

抑えるべきポイントを分かったうえで、あなたがいいと思えるドメイン名を決めてください。

次の記事では、世界シェア1位のエックスサーバーの契約手順について、

キャッシュバック方法から WordPress 設置まで画像付きで解説しているので、よければ参考にしてください。

この記事のタイトルとURLをコピーする

関連記事

  1. TCD テーマ「Be」をレビュー|参考サイトと評判まとめ

    ブログの始め方

    WordPress テーマ「Be(TCD076)」をレビュー

    ユウキです。今回は WordPress テーマの中でも、デザイン性…

  2. 初心者向け | WordPressにおすすめのレンタルサーバーはふたつだけ

    ブログの始め方

    WordPressでおすすめのレンタルサーバーは2つ

    ユウキです。ブログをこれから始めようと思った際に、まずやることはレ…

  3. TCD テーマ「Be」のテーマオプション設定を徹底解説

    ブログの始め方

    TCD「Be」のテーマオプション設定を徹底解説

    ユウキです。今回は WordPress テーマの中でも、デザイン性…

  4. WordPress テーマの選び方で失敗しないポイント

    ブログの始め方

    WordPress テーマの選び方で失敗しないポイント

    ユウキです。前回の記事など参考に、レンタルサーバーの契約と設定を完…

  5. エックスサーバーの契約手順|キャッシュバックの受け取り方も併せて解説

    ブログの始め方

    エックスサーバーの契約手順|キャッシュバックの受け取り方も併せて解説

    ユウキです。今回はエックスサーバーの契約手順をドメイン設定から W…

  6. WordPress の見出しデザイン 64 選|TCD「Be」と「MAG」はコピペで OK

    ブログの始め方

    WordPress の見出しデザイン 64 選|TCD「Be」と「MAG」はコピペで OK

    ユウキです。今回は TCD テーマ「Be」と「MAG」の見出し装飾…

管理人
Blog de Affili の管理人ユウキ

ユウキと申します。

経歴は飲食サービス業のマネージャー、プロップトレーダー、オンラインサロン講師などをしていましたが、組織や人間関係にうんざりして、やりたくないことを捨てました。

ブログアフィリエイトを始めたばかりの頃は 1 年で利益 8000 円。(しょぼ笑)

その後、システム構築やマーケティングを学んで、 3 ヶ月で作った仕組みから 698 万円の売り上げを達成しました。

現在は個人向けにオウンドメディア構築やウェブマーケティングをコンサルしています。

稼いでも時間や人間関係に縛られていたらしんどいだけ。ブログでそこそこ稼いで、ゆったり自分らしく暮らしましょう。

最近の記事
  1. WordPress の目次デザインをおしゃれにカスタマイズ
  2. WP Mail SMTP で Contact Foam 7 のメールが届かない問題を解決
  3. Contact Form 7 の設定とカスタマイズを解説
  4. robots.txt is not valid 4 errors found の解決方法
  5. WordPress のセキュリティ対策をするなら SiteGuard WP Plugin
惹きつけるブログはデザインから生まれる
WordPress テーマ Be(TCD076)のレビュー
PAGE TOP