エックスサーバーの契約手順とキャッシュバック方法

ブログを始める

エックスサーバーの契約手順とキャッシュバック方法

ユウキです。

今回は私も利用しているエックスサーバーの契約手順をドメイン設定から WordPress 設置まで50枚の画像付きで解説いたします。

ドメイン名が決まっていれば、早ければ作業時間は15分ほどで終わると思います。

前回はドメイン名の決め方と失敗しないためのポイントについてお伝えしました。

検索の上位表示をするために大事なことも書いていますので、まだ読んでいない方はこちらから参考にどうぞ。

エックスサーバーの契約

先ずはエックスサーバーの契約から始めていきましょう。

初期コストを抑えるために少し回り道をしますね。先に A8.net に登録してセルフバックから契約を進めます。

面倒だと思えばここを飛ばして【契約手順】へ進めてもらって大丈夫です。

A8.net でキャッシュバック

A8.net は ASP(Application Service Provider) のひとつで、アフィリエイト(紹介)できる商品やサービスを取り扱っています。

今回は A8.net のセルフバック(キャッシュバックプログラム)を利用して、エックスサーバーの契約をしましょう。

既にあなたが登録済みなら、セルフバックから「エックスサーバー」で検索すると表示されます。

エックスドメインなど、他の広告と間違えないように表示名は必ず確認してください。

▼クリックでポップアップ▼

セルフバックを進める前に過去の閲覧履歴について気を付けましょう。

あなたが最近エックスサーバーのサイトを見ていた場合、誰かの広告をクリックしているかもしれません。

もし広告をクリックしていた場合、あなたのブラウザにはCookieという閲覧履歴情報が残っているため、セルフバックが非承認となりキャッシュバックを受け取れないかもしれません。

後から悔やんでも承認してもらえませんので、必ずセルフバックを利用する前にCookie削除をしておいてください。

Cookie 削除は Google Chrome の場合、ブラウザ右上の設定から確認して、全期間を削除しましょう。

A8.net の無料登録手順

A8.net に登録がまだの場合は、トップページの無料会員登録から進めてください。

ブログを持っていなくても、簡単な必要事項の記入で完了します。(約5分)

はじめに任意のメールアドレスを登録します。

「私はロボットではありません」にチェックを入れて、規約事項を一読したらチェックを入れて、【仮登録メールを送信する】をクリックします。

届いたメールを確認して、登録用 URL から進めます。

必要事項をすべて記入して、【サイトをお持ちで無い方】へ進みます。

▼クリックでポップアップ▼

ファンブログの利用は任意ですので、とくに利用予定がなければ項目には「名前+ブログ」や、カテゴリを「日記」などで登録されてください。

入力が終わったら、【口座情報を登録する】へ進みます。

口座情報は、キャッシュバックを受け取りたい任意の口座情報を入力します。

必要があれば、後から修正も可能です。

最後に入力内容を確認して、間違いがなければ登録して完了です。

完了後は、先ほどお伝えした通り、セルフバックから「エックスサーバー」を検索して申込みを進めてください。

A8.net の申し込みページはこちらからどうぞ。
広告タグ

エックスサーバーの契約手順

ここからはエックスサーバーの契約手順を見ていきましょう。

先ずはトップページの申込ボタンをクリックして進めます。

申込フォームが表示されたら必要事項に沿って記入します。

サーバー ID は管理用ですので、あなたが分かりやすいもので大丈夫です。

プランは後からアップグレードもできますので、はじめは X10 プランで十分です。

▼クリックでポップアップ▼

記入完了後、確認画面で間違いがないかチェックしてから、次の本人確認へ進めます。

▼クリックでポップアップ▼

本人確認は SMS認証、もしくは自動音声通話にて認証コードを受け取ります。

受け取った5桁の認証コードが入力できたら申込ボタンをクリックしましょう。

申込が完了すると、次の画像が表示されます。

登録したメールアドレス宛に、【サーバーアカウント設定完了のお知らせ】という件名で登録情報が届いていますので確認しましょう。

▼クリックでポップアップ▼

完了メールでログイン情報を確認したら、ログイン URL へ進んでアカウントへログインします。

ログインしたら、管理パネル左の決済関連から料金のお支払いを選んで、サーバーのチェックボックスにチェックを付けて、契約期間と支払い方法を選びましょう。

▼クリックでポップアップ▼

支払いが完了したらエックスサーバーの契約は完了です。一先ずお疲れ様です。

では次にドメイン契約を進めましょう。

エックスドメインの契約手順

エックスサーバーは、同じ管理パネルのエックスドメインから契約を進めることができます。

管理パネル左の契約関連からサービス申込みをクリックして、ドメイン新規申込へ進みましょう。

▼クリックでポップアップ▼

利用規約を確認したら、同意するをクリックして進みます。

ドメインの新規取得画面にて、決めておいたドメイン名を入力。利用可能か最終確認をします。

右下の検索結果で「取得可能です」が表示されていれば大丈夫なので、登録年数を決めて申込と料金の支払いボタンをクリックします。

ネームサーバー初期設定は変更せず、エックスサーバーを設定しておきましょう。

▼クリックでポップアップ▼

申込情報を確認して、間違いがなければ任意の方法で支払いドメイン契約は完了です。

▼クリックでポップアップ▼

エックスサーバーに登録したメールアドレス宛に、「ドメイン取得完了のお知らせ」という件名で、完了メールが届いているので確認しましょう。

キャンペーンドメイン適用時

エックスサーバーでは定期的に無料キャンペーンドメインを行っています。

もしあなたが契約時した際、キャンペーンドメインが適用されていれば、管理パネルの申込ボタンが違うので注意してください。

取得方法は通常の手順とほぼ同じです。

エックスサーバーの設定

エックスサーバーとドメインの契約作業が終わったら、後もう少しです。

次は設定を進めていきましょう。先ずはドメインから。

ドメイン設定

ドメイン設定は管理パネル画面のサーバー管理へ進みます。

管理画面に進んだら、ドメイン設定に進みます。

ブログで使用する、あなたが新規取得したドメインを設定して、「無料独自SSL」と「Xアクセラレータ」両方のチェックをそのままで確認画面に進みます。

補足で、SSL設定は通信の秘匿性を高めるセキュリティ対策で、Xアクセラレータはブログの高速表示と大量アクセスに対応するエックスサーバー独自機能です。

▼クリックでポップアップ▼

確認画面で間違いがなければ追加するをクリックしましょう。

これでドメイン設定は完了です。

もし、画像のように「無料独自SSLの設定が失敗しました」と表示された場合は、管理画面からSSL設定をしてください。

▼クリックでポップアップ▼

無料独自SSL設定が失敗した場合

無料独自SSLの設定が失敗した場合、管理画面に戻ってSSL設定へ進みます。

先ほど追加したドメインが表示されているのを確認して、確認画面へ進むをクリックします。

この時、左下のチェックボックスはチェックをせずそのまま進んでください。

▼クリックでポップアップ▼

設定が完了すると、画像のように表示されます。

▼クリックでポップアップ▼

メールアカウント追加

無料独自SSLの設定が完了したら、次はブログに使用するメールアカウントを追加しましょう。

問い合わせフォームなど、ユーザーとやり取りする際に利用するためです。

追加手順はサーバー管理からメールアカウント設定に進みます。

メールアカウント設定に進んだら、追加のタブを開いて設定項目を記入して確認画面へ進みます。

@の前は「mail」や「info」など、任意のもので構いません。コメント欄はあなたの確認用のメモ欄なので、不要であれば未記入でも大丈夫です。

間違いがないか確認して追加します。

これで追加完了です。メールの転送設定もしておきましょう。

転送設定をしないと、確認の度にメールアカウントへログインしなければいけないからです。面倒ですよね。

メールアカウント一覧から転送をクリックします。

転送先アドレスへGmailなど、あなたが普段利用するメールアドレスを設定します。

転送設定はこれで完了です。

WordPress簡単インストール

次はWordPressを設置しましょう。エックスサーバーはとても簡単に設置できます。

サーバー管理画面からWordPress簡単インストールをクリックします。

 画像を参考に必要な項目を埋めて確認画面へ進みます。

▼クリックでポップアップ▼

確認画面で間違いがないか確認できたらインストールしましょう。

インストールできたら表示されている情報をメモに取っておきましょう。

これで WordPress の設置は完了です。簡単ですね。

WordPress にログインできるか試してみましょう。管理画面URLへ進んで、ユーザー名とパスワードでログインします。

ログイン出来ましたね。ついでに一つだけ設定をしておきます。

先ほど設定した SSL ですが、設置したブログはまだ http のままなので変更します。

管理画面左の設定から一般へ進みます。

一般設定に進むとアドレスの項目があるので、記載されている URL に「s」を加えます。

https に修正したら更新しましょう。これで完了です。

二段階認証の設定

最後にエックスサーバーアカウントのセキュリティ対策で、二段階認証を設定しておきましょう。

エックスサーバーの管理パネル左にある二段階認証設定をクリックします。利用するにチェックを入れて変更をクリックして進みます。

設定画面に表示されている通りに進めましょう。認証コードを入力すれば設定完了です。

▼クリックでポップアップ▼

二段階認証の設定後に表示されるバックアップコードは絶対に忘れないようにしてくださいね。ログインできなくなりますので。

まとめ

作業お疲れ様でした。慣れていないとけっこう時間かかりますよね。

これでブログを始める準備がひとつ終わりました。

この段階ですぐにブログ記事を書き始めることもできますが、しっかり WordPress の設定をしてあげることで、あなたにとってメリットが多いです。

利便性やセキュリティ面、デザイン性、 SEO 効果などで、あなたの頑張りを後押ししてくれます。

次の記事では、WordPress のテーマの選び方について解説いたします。

カスタマイズやブログ運営のしやすさ、SEO 対策で確認するポイントなど書いていますので、よければ参考にどうぞ。

アフィリエイトはドメイン名の選び方が重要アフィリエイトはドメイン名の選び方が重要前のページ

WordPress テーマの選び方で失敗しないポイント次のページWordPress テーマの選び方で失敗しないポイント

関連記事

  1. WordPressテーマ「MAG」の導入とカスタマイズを解説

    WordPress

    WordPress の設定と TCD テーマのカスタマイズ

    ユウキです。今回は WordPress の初期設定と、当ブログでも…

  2. TCD テーマ「Be」のテーマオプション設定を徹底解説

    WordPress

    TCD「Be」のテーマオプション設定を徹底解説

    ユウキです。今回は WordPress のテーマで、ブロガー用に特…

  3. WordPress テーマの選び方で失敗しないポイント

    WordPress

    WordPress テーマの選び方で失敗しないポイント

    ユウキです。レンタルサーバーを契約して WordPress の設置…

  4. アフィリエイトはドメイン名の選び方が重要

    ブログを始める

    アフィリエイトはドメイン名の選び方が重要

    ユウキです。レンタルサーバーをどこにするか決めたら、次はドメイン名…

  5. 初心者向け | WordPressにおすすめのレンタルサーバーはふたつだけ

    ブログを始める

    WordPressでおすすめのレンタルサーバーは2つ

    ユウキです。ブログをこれから始めようと思った際に、まずやることはレ…

最近の記事
  1. WordPress の記事の書き方を4ステップで初心者向けに解説
  2. WordPress 投稿の書き方を初心者向けに解説|Classic Editor 版
  3. TCD テーマ「Be」のテーマオプション設定を徹底解説
  4. ブログが書けない原因を根本的に解決する
  5. All in One SEO Pack の設定方法と初期のSEO対策
ブログ応援ありがとうございます!
にほんブログ村 小遣いブログ アフィリエイトへ

 

 

人気ブログランキング アフィリエイトへ

 

 

FC2ブログランキング アフィリエイトへ
  1. アフィリエイトはドメイン名の選び方が重要

    ブログを始める

    アフィリエイトはドメイン名の選び方が重要
  2. WordPress の記事の書き方を4ステップで初心者向けに解説

    ブログ運営

    WordPress 記事の書き方を4ステップで初心者向けに解説
  3. TCD テーマ「Be」のテーマオプション設定を徹底解説

    WordPress

    TCD「Be」のテーマオプション設定を徹底解説
  4. TCDのテーマはSEO対策で不利なのか?Hタグの使い方と修正方法

    SEO

    TCDはSEOに弱いのか?Hタグの使い方と修正方法
  5. WordPress 投稿の書き方を初心者向けに解説|Classic Editor 版

    WordPress

    WordPress 投稿の使い方を初心者向けに解説|Classic Editor…
PAGE TOP